hato20210206-1200


画像の引用元:YouTube

プラスチックごみが環境に与える悪影響が昨今話題になっています。日本でもプラスチックのレジ袋が昨年から有料化されました。ロシア、サンクトペテルブルクに、プラスチックの廃材を使っておしゃれな商品を作る会社があります。その様子を見てみましょう。






「なかなかおしゃれで、良い感じ!」

hato20210206-1

ロシア、サンクトペテルブルクにある会社では、このようなペットボトルのキャップなどのごみを元に様々な商品をデザインしています。


hato20210206-2

この会社でデザインされた商品がテーブルに並びます。カラフルでおしゃれなデザインですね。


hato20210206-3

この会社が使うのは主にペットボトルのキャップです。なんと、これまでに約70トンものキャップを使ってリサイクルをして来ました。主な商品は鞄やペンケース、スケートボードなどです。


hato20210206-4

商品の中には3Dプリンターを使って作ったスタイリッシュな自転車もあります。


hato20210206-5

キャップは最初に手作業で分類、洗浄され色ごとに分けられます。その後デザイナーの手によって商品が生み出されます。


hato20210206-6

様々な種類のカバンも造っています。ファッショナブルですね。



hato20210206-7

このような商品が沢山開発され、多くの人が購入するようになり、少しでもプラスチックごみが減ると良いですね。




この動画に寄せられた海外の人たちの反応


●ここの商品の自転車はあまり興味ないけど、ポーチを1つ買いたいわ。

●これらの商品がリサイクルのプラスチックからできたものには見えないわ。

●今後、ごみを見る目が変わりそうだわ。

●ごみを商品に変えよう!

●良いアイデアだね。

●石油会社よりもこのような会社に政府が助成すべきよ。

●ここの鞄を買った人が海にその鞄を落としちゃったらどうなる?

●この企業に投資したいと思ったよ。

●キャップを分類する作業、大変そうね。

●結構おしゃれね。


声の引用元:YouTube



おすすめ(外部サイト)