hato20210113-1200


画像の引用元:YouTube

1月6日、アメリカの首都、ワシントンDCで起こったトランプ現大統領の支持者たちによる連邦議会議事堂の襲撃は、まさに国家分断の光景として多くの国民に衝撃を与えました。

トランプ大統領の呼びかけによって集まった支持者が起こしたこの抗議デモを、バイデン次期大統領も強く批判。「暴力行動をさらに扇動する恐れがある」と、ツイッター社はトランプ氏の個人アカウントを永久凍結、また保守派に人気のあったSNS”パーラー”も利用不能になるなど、波紋が広がっています。

アメリカの朝の情報番組、Good Morning AmericaのYouTubeチャンネルからご紹介します。

Trump loses partnerships, faces social media bans in fallout after Capitol attack l GMA






フォロワー8800万人超え、トランプ氏のプラットフォームが永久凍結


hato20210113-1

トランプ氏の個人のアカウント@realDonaldTrumpを、永久凍結したツイッター社の前例のない動きに、インスタグラムやフェイスブック、レディット、トゥウィッチのアメリカでの主要SNSも続きました。

この対応にトランプ氏は「言論の自由を奪っている」「私達は黙らないぞ!」と非難。




hato20210113-2


主要SNSがトランプ氏のアカウントを凍結した後、一時的にダンロード数が伸びていた保守派のトランプ氏支持者から人気のあった「パーラー」ですが、こちらもアップル社やグーグル社のアプリストアから除外されることに。




hato20210113-3

”パーラーの企業価値は1000億ドルとも言えますが、それが一瞬でなくなってしまうんです。でもこれは財政的な問題だけではありません。共和党支持者が交流する場所がなくなってしまうのです。”と話すのは下院議員であり「Countdown to Socialism」の著者であるデビン・ヌネス氏。

SNS各社の凍結の動きは”表現の自由”を侵害しているのではないかという疑問も出ています。




hato20210113-4

”これらは民間企業であり、国営ではありません。(中略)アップルもグーグルもアマゾンも、彼らのしたいようにするべきです。”と、ジャーナリストのカラ・スウィッシャー氏も、基本的人権も基づくべきだとの見解を述べます。




hato20210113-5

アマゾン社にもサービスの停止を通告されたパーラーのCEOであるジョン・マッツェ氏はこの動きを”言論の自由をインターネットから完全に排除する企てだ。”と非難しています。





hato20210113-6

この一連の動きの影響で、PGAは2022年、ベドミンスターにあるトランプナショナルゴルフクラブで予定されていたツアーチャンピオンシップの中止を検討しているとのこと。トランプ・オーガナイゼーションは自社のブランドに悪影響が及び大変残念だと、ABCニュースに伝えました。




この動画に寄せられた海外の人たちの反応


●TicTokにしたことが自分に跳ね返ってるんだと思うな…笑

●まだどこかには良い人もいるよ。希望を持とうね😊👍🏽

●その”自由な発言”がヘイトスピーチなら誰もそれを聞きたくないのよ。

●(トランプ氏の)ツイートを見て中毒になってるなとは分かってたけど、今頃動かない画面を見て涙してるだろうね

●この国の多くの”大人たち”は学校に行き直して基本的人権を学んで、本を読む必要があるよ。

●”共和党支持者は交流する場所がない”って、でも共和党支持者は1950年代に戻りたいんでしょ。インターネットの無い時代でどう?

●ヘルスケアを受ける権利ではなくて、ソーシャルメディアへの権利を主張するアメリカ人を想像してよ

●パーラーはクリスチャンとか保守派じゃなくて、もっと陰謀系のサイトだよ。

●”共和党支持者は交流する場所がない”って彼はテレビで言っちゃてるね!わー!

●クソぉ、インターネットはトランプの存在を消し去ってる。


声の引用元:YouTube



おすすめ(外部サイト)