otomarineko1200

画像の引用元:YouTube

すべては、サンダースさん夫妻が家のドアを開けていたことから始まりました…。オレンジ色の猫「ティガー」は、それが「ご招待」の合図と受け取ったみたいです。

それからというもの、ティガーは度々「ご挨拶」しにくるようになったのです。そしてついには「お泊まり」まで。ちょっと風変わりなティガーの生活を覗いてみましょう。





いつの間にか住む家が二つになった猫のティガー


otomarineko1

こちらの、明るいオレンジ色の毛が特徴的の猫さん。
たまたま、サンダースさん夫妻がドアを開けていた日に大胆にも家に忍び込んで「こんにちは、ご機嫌いかが?」とでもいうかのように、くつろぎ始めたのです!

なんと恐れを知らぬ猫!あまりの堂々ぷりに夫妻もびっくりです!



otomarineko2

首輪がついていることから、この猫は飼い猫であること、そして名札を確認したところ、名前は「ティガー」だということが分かりました。

名札によると彼は近所で飼われている猫ということが判明したので、夫妻は飼い主に連絡をしてティガーを家に帰しました。



otomarineko3

しかし次の日からは毎日、しかも一日最低2回もティガーは夫妻の家に訪れるようになったそうです。

みてください。スマホを一緒に覗き込んでいて、すっかり家族に溶け込んでいるかのような、このごく自然な振る舞いを!



otomarineko4

本来の飼い主さんも、ティガーにとってサンダース家が第2の家族であることを受け入れているそうです。
当初はサンダースさんもティガーに家に帰るように言い聞かせていましたが、今では彼が遊びに来たらそのまま眠らせてあげることにしているそうです。



otomarineko5

一緒の布団に入って、枕まできちんと使いこなしているだなんて!

でもきっとこれは彼の愛嬌のある性格が周囲の人に影響し、受け入れムードになるのですね。何とも不思議なものです。人間でも、すぐに誰とでも仲良くなれちゃう社交上手っていますよね、君、もしかしてそのタイプなのかな?



otomarineko6

ドアが閉まっているとき、ティガーは鳴くそうで、それを合図に家の中に入れてあげることにするそうです。サンダースさん夫妻は、なぜティガーがこの家を「選んだ」のか分からないままですが、彼の来訪を楽しみにしているそうです。偶然にしてもちょっとロマンチックですね!

二人はティガーをとっても愛しており、今では家族の一員だと考えているとのことです。ティガーは、愛すべき家族たちがたくさんいて幸せ猫ですね!そして彼もまた周囲に幸せを配達しているのですね!




この動画に寄せられた海外の人たちの反応


●猫は賢いからね、優しい人は見て分かるのよ。

●なぜ選んだのかは重要じゃない、大事なのは選ばれたってことさ。うらやましいな!

●可愛い猫に素敵な人たち。愛はどこにでも溢れてるわね。

●これが正しい給餌量を守っても猫が太る理由さ。2度目の食事を近所でとってきてるんだ・・・。

●近所の人も自分の家の猫を愛してくれるなんて素敵な環境ね!

●ティガーは2つの家を持っているのね。

●猫に選ばれるということは、名誉なこと!?

●この人たちはどこにいるの? 隣に引っ越したいな! ティガーが私の家に 忍び込むのを願ってる。サンダースの家を買うかな!

●賢い猫はオープンな二重生活を送る。


声の引用元:YouTube



おすすめ(外部サイト)