colona41_1200

画像の引用元:YouTube

アドリアナ・トレスさんは、自分の娘リアちゃんが生まれたことを、リアちゃんが生後41日後になって目覚めるまで知りませんでした。なぜならアドリアナさんは、新型コロナウイルスに罹患し重篤の状態で、昏睡状態にあったからです。

家族達は緊張状態の続く中で恐怖と戦い、ついにやっと一緒にお祝いすることができるようになったのです。





多くの人のあたたかい声援を受けながら無事退院


colona41_1

ニューヨーク州、ロングアイランドにあるこちらの病院では、医師達はアドリアナさんと生まれてくる赤ちゃんを救うために11週間早く赤ちゃんをとりあげることを決めたのでした。

その結果生まれたときのリアちゃんはたったの1kg。でも、とても生命力の強い子でした。
まだ見ぬ母親の姿を待ちわびて、保育器の中でその再開の時を待ちます。



colona41_2

そして、リアちゃん誕生から41日たった時、ついにアドリアナさんが目を覚まし、自分が母親になったことを知ったのです。

これはとても奇跡的なことで、メディアなどにも大きく取り上げられることとなりました。テレビの前のみんなが固唾の飲んでこの家族と、そこに誕生した小さな命を見守ります。



colona41_3

そして今日ついに退院のとき・・・!医師や看護師、そしてメディア関係者、それを通じてこのニュースを知った大勢の人たちに暖かく見送られています。

当初1kgだったリアちゃんも成長し、初めてお姉さんに会うこともできました。本当に奇跡!としか言いようがありません。
困難な期間を乗り越えたお二人には、これから幸せな時間を沢山過ごしていってほしいですね。




この動画に寄せられた海外の人たちの反応


●悲しい、辛いニュースが多い中で幸せな話が聞けてよかった!

●涙で前が見えない

●母子ともに助かってほんとうによかった!

●神に感謝だね

●ようこそこの世界へ、おちびちゃん♡

●神は素晴らしい!母と子の両方に祝福がありますように...

●お二人の健闘を祈り、医療従事者に感謝し、神に栄光を。

●なんて素敵なお話なんだろう...お医者さんたちはすごいですね。


声の引用元:YouTube



おすすめ(外部サイト)