inufuku1200

画像の引用元:YouTube

動物の中でも特に人間に対して忠誠心が高い犬。言葉さえ通じませんが、ワンちゃん達は信頼する飼い主さんの心を感じ、態度で気持ちを表すことができると言います。

アメリカのミズーリ州に住むチャンドラーちゃんと愛犬のチーフが、そんな人間と犬の間に生まれる信頼関係を見せてくれました。

チーフにどうしても自分の洋服を着せてあげたいチャンドラーちゃんに対するチーフの対応に感心してしまう一コマを、様々なジャンルから面白い動画をアップするYouTubeチャンネル、ViralHogからご覧ください♪


Extremely Patient Doggy Being Dressed Up || ViralHog 

はいはい、気が済むまでボクで遊んで構わないよ…






inufuku1

おもむろにピンクの洋服をチーフの頭から被せるチャンドラーちゃんに対し、抵抗もせず、されるがままのチーフ。洋服が小さすぎてチーフの大きな頭がなかなか通らず「鼻の方から着せてくれない?」と自ら洋服を着ようとする仕草さえも見せてくれる優しさです。

他のワンちゃんなら頭を振り払って逃げてしまってもおかしくない状況ですが、チーフはただじっとお座りの姿勢のまま…


inufuku2

無事に頭が通り、次は胴体にせっせと洋服を着せるチャンドラーちゃん。

がっしりとした胴体にピチピチの洋服。凛々しいオスのチーフにはちょっぴり恥ずかしい姿ですが、嫌な態度を一つも見せません。


inufuku3

「次は右腕ね♪」と洋服を無理やり引っ張ってチーフの前足を袖に通そうとしますが、これは人間のための洋服、なかなか上手く着せることができません。

変に洋服が体に食い込んで着心地は最悪なはずですが、チャンドラーちゃんを信頼しているチーフはきっと妹と遊んでいる優しいお兄ちゃんの気持ちになっているんでしょうね。


inufuku4

「最後は左腕よ♪」と最後の難関に突入します。半ば強引にチーフの前足をつかみ、どうにか袖に通したいチャンドラーちゃん。

決していじめているわけではなく、”一緒に遊んでいる”と言うことをちゃんと理解しているチーフ。チャンドラーちゃんが楽しんでいるならそれでいい、と思っているかのように我慢強く耐えているようにも見えますよね。


inufuku5

我慢強く辛抱したチーフのおかげで!?無事に「着せられた♪」と飛び跳ねて喜ぶチャンドラーちゃん。まだ動くことを我慢しているのか、それとも洋服がきつくて動けないのか(笑)、すべてが終わってもじっとしているチーフの背中にどこか哀愁さえ感じてしまいます。

撮影者の親御さん曰く、チーフはこの日、洋服だけでなくヘアメイクごっこにも付き合ったそうです(笑) チャンドラーちゃんを信頼するチーフの我慢強さと優しい心に思わず笑顔になる動画でした♪




海外の反応


・爆笑。”これがボクの仕事なんだ”ってかんじだね。

・犬:ねえ待ってよ、ネイルもだなんてゴメンだよ

・服を前と後ろ逆に着せてるね

・いいね、まるでボクはバービー人形だ。もう顔も見せられないぐらい恥ずかしいよ!

・とってもすごいわ!!私のおじいちゃんピットブルはこんなことさせてくれないわ。素敵ね!!

 ↑ピットブル?!そんなことしようとするなんて危なすぎるよ!

 ↑↑ピットブルは他の犬より強くて攻撃的になりえるけど、それは正しく躾けられていない場合や虐待を受けているなどの問題があるときよ。アンティはちゃんと躾されていてとても愛されて育ってきたから問題な行動も全く無く、驚くほどに良い子よ。ピットブルは悪い勘違いをされることが多いけどそれはそういうニュースが報道されるとみんなの印象に深く残ってしまうからよ。

声の引用元:YouTube



おすすめ(外部サイト)