araiguma1200

画像の引用元:YouTube

マンディー野生動物保護園ではリス、ウサギ、オポッサムなどの野生小動物を保護し、自然に帰す取り組みをしているそうです。

アライグマのウィルバーは生後1、2週間ほどまだ目も開いていない とても小さな頃に保護されました。まるで人間の赤ちゃんみたいにおしゃぶりが大好きです。

ミルクを一生懸命飲んだり、前足で上手につかんで大好物のブドウを食べたり、飼い主さんの肩の上でまどろんだりと、とーっても愛らしいウィルバーくんが成長していく姿をお楽しみください。


Rescued Baby Raccoon Loves To Snuggle On The Sofa | The Dodo Little But Fierce 

飼い主さんの肩の上が大好き






araiguma1

生後2週間ほどで保護されたアライグマの赤ちゃん兄弟。
おしゃぶりが大好きだそうです。まるで人間の赤ちゃんみたいですね。


araiguma2

一生懸命にミルクを飲む姿がとってもかわいらしいです。
ミルクの時間は一日に4回。たくさん飲んですくすく育ってね。


araiguma3

兄弟を亡くした寂しさからか一時は飼い主さんのそばを離れなかった ウィルバーくん 。
お猿さんのぬいぐるみをギュッとする姿が印象的です。


araiguma4

他の保護アライグマのお友達ができました。 コロコロ転げまわって遊ぶ姿がかわいいですよね。
うれし過ぎて「キーキー」「フンフン」と声を出して喜んでいたそうです。
元気になったみたいでよかった~!


araiguma5

肩の上が大のお気に入り♡ 飼い主さんの 「こっち向いて~」コールにも上手にくるりと向きを変えて応えています。


araiguma6

「スパイダーアライグマ」とあだ名がつくほど、飼い主さんの足や高いところに登るのが得意なウィルバーくんです。 もともと、登る習性をもつアライグマたちですが、ウィルバー君ほど登ることが好きなアライグマに会ったのはマンディーさんも初めてだそうです。


araiguma7

甘えたり、いたずらしたり、気ままに遊んだり、とってもかわいいウィルバーくんもすくすくと成長しています。

レスキューされた頃はまだ目も開いておらず、手の平にすっぽりとおさまっていたことを考えると、マンディーさんの愛情と献身的な保護を受けて、立派に成長していますね。

もう少し大人になったら自然に帰すためにも、最近では屋外での生活に少しずつ慣らしているそうです。野生に帰すのが一番とわかってはいてもなかなか寂しい瞬間ですね。それまではもう少しマンディーさんに甘えていたいウィルバーくんなのではないでしょうか。




海外の反応


・アライグマは「盗み屋」だっていう人がいるけど、本当ね、、、私のハート持っていかれたわ♡

・キュートどころじゃないよね、もうもだえる可愛さだよ!

・亡くなった兄弟のことは残念だね、、でもマンディーはウィルバーたちを立派にお世話している素晴らしい人だよ!

・どんな動物の命も大切だわ。アライグマたちは美しくて、好奇心旺盛で、とっても魅力的な生き物よ。

・アライグマってほんと可愛くて賢いよね!人間みたいに握るあのちっちゃい手がほんとかわいいの!

・こういう美しい動物たちがアメリカを訪れたい理由のひとつだよ。

・保護のカギはレスキューして、愛して、リハビリさせて、自然に帰すこと。野生動物に対するリスペクトだよね。

・おしゃぶりが好きだなんて!みんな心もっていかれたでしょうね。

・葡萄あげてウィルバーと友達になれるならお安い御用さ!

・小さな可愛いウィルバー!私も抱きしめてあげたい♡

声の引用元:YouTube



おすすめ(外部サイト)