1200700-5

画像の引用元:YouTube

踊る人、絵を描く人、スピーチする人、走る人、歌にする人…自分の気持ちを表現する時、自分らしいやり方を見つけられた人はとても幸せだなと思います。YouTubeにはたくさんの動画が溢れていますが、他のどんな表現方法でもなく、動画だからこそ届く思いに触れた時、それを誰かと共有できる素晴らしさを改めて実感します。

今回は、この世界に住む、父親を持つすべての女の子に見て欲しい珠玉のエピソードをご紹介しますよ。アメリカで奥様と、2人のお嬢さんを持つパパであるラガーディア・クロスさんが、先日事故で他界したコービー・ブライアントさんと次女ジアナさんへの追悼の思いを託したハッピーソングを披露します。ご覧ください。


girl dad


娘たちから見えないところで、爆笑子育てを自分らしく振り返ってみる






580350_1-5

音楽や映像作品などを創るアーティストのラガーディア・クロスさん。ご自身のYouTubeチャンネルでは、奥様との共同作品である2人のお嬢さん、アマラちゃんとナヤリちゃんの子育てに悪戦苦闘する様子を動画で記録し続けています。

今日は、2人のお気に入りのお人形たちをドラムスティックにして、日々のぼやきを歌にしました。タイトルは“ガール・ダッド(girl dad)”


580350_2-5

“うちの娘たちは仔馬が大好き
名前を間違うと大変なんだ

うちの娘たちは建設機械マニア
名前を間違うと大変なんだ

下の子はお姉ちゃんを真似たがり
2人してぼくの真似をする

「筋肉触らせて」とか言ってくる
父親よりも強くなる気らしい

ぼくはガール・ダッド 女の子の父親なんだ”


580350_3-6

“娘たちは 人はみな自分と同じ身体の作りをしてると思ってる
ちょっと待てよ 心の準備ができていないんだ

上の子にはごまかしながら答えてみた
だけど彼女は信じてくれない 

そんな訳で今のところぼくはガール・ダッド 
女の子の父親なのよ

ぼくは女の子…

2人を本当に愛してる

だけどマジックマーカーには八つ当たり
爪に色を塗られる身にもなってみてよ

2人とも全然センスないもん
服の色にも合わせてくれなきゃ
ぼくの魅力を引き出して欲しいよ

ぼくはガール・ダッド 女の子の父親なんだ”


580350_4-4

じわじわおかしい歌の最後に音声が入ります。この声の主は、アメリカのスポーツ専門チャンネルESPNのスポーツアンカー、エル・ダンカンさん。彼女がコービー・ブライアントさんの訃報を受けて放送中に語った言葉が紹介されているのです。

「唯一の救いは死を迎えたその時、彼が自分のいちばん好きな状態にあったという事。父親としての自分、女の子の父親である事が、彼は大好きだったから。」

APニュースによると、この言葉を受けてハッシュタグ「ガール・ダッド(#GirlDadsと#GirlDad)」は、twitterのトレンド入りを果たしました。家族を持つ人、そして心の中に思う家族が居る人全てが共感できるフレーズですね。




海外の反応


・私の父は数年前亡くなりました。彼も私に爪を塗らせてくれたわ😂😂。父の私が何をしようと嫌がらないところが大好きだった。

・私の父には3人の娘がいます。「本物の男は女の子の親になるものだ」といつも言うので「女の子しか作りません」と書いたシャツを贈りました。

・あぁ、今回は格別だわ!コービーとジアナ、そして事故で失われたすべての命よ安らかに。

・私は年配の白人女性です。子供はいません。私の父は忙しく、子育てにも関心がありませんでした。ラガーディアやコービーのような男性を見ると、彼らは夫として、そして父として、女の子の父親としての姿を体現していると思います。私が手に入れられなかった物。泣いちゃいました。大切な人を失う悲しみは誰にでも訪れます。それはいつでも「早すぎる」もの。実に親しみの湧く、貴重なYouTubeチャンネルによる素晴らしい追悼ですね。

・最後の実況音声はすごく悲しい。安らかに。コービーとジジ🌹

・素晴らしいよ、最後に全部持っていかれた。すべての「ガール・ダッド」と父親に大きな愛を。悲しいね、コービーの残されたお嬢さんたちはお父さんを失ったけど、きっとこれからも彼に愛されていることをわかっているはず。❤️❤️❤️ラガーディアさん、いつもご苦労様です!❤️コービーとジジよ、安らかに眠ってください。

・歌に引き込まれて、最後まで観ちゃった。あれ、なんで頬が濡れているの?

・お人形持ち出して、お嬢ちゃんたち怒るぞ😂😂😂

 ↑しぃ〜〜〜!!!(La Guardia Crossさん)

・もし低評価する人がいるとすれば、男の子のお母さんに違いない。
追伸、お父さんとして、男性として娘に見せるべき姿を体現してて素晴らしい。

声の引用元:YouTube
Writing & Translation:Shahriyar


おすすめ(外部サイト)