1200700-11-1200x700


画像の引用元:YouTube

新型コロナウィルスの感染症が懸念されますが、みなさん手洗いうがいは忘れていませんか?日本より警戒レベルの高い中国からは、地域によっては街が封鎖状態にあるという話題も聞こえてきたりと、事態は深刻ですね。

中国山東省の西部に位置する済南市の人々も、外出を控えたり交通機関の消毒を強化したりと対策を講じている模様です。

そんな中、この地域で自宅に引きこもりながらもラジコンカーを走らせ、近所のお店の肉まんを手に入れる女性が登場!彼女のチャレンジが微笑ましくて、喝采を浴びています。

みなさんもこのしたたかなアイデアの目撃者になりませんか?さぁ、どうぞ。


Woman uses remote control car to buy steamed buns amid coronavirus outbreak in China


マスクが足りない?ラジコンで行けば平気よ






580350_1-12

2月2日に撮影されたこの動画は、中央に映るラジコンカーに搭載された2台のカメラが捉えました。

遠隔で800メートル離れた場所まで操作可能なこの車は、持ち主の女性チェン・タオさんの空腹を満たすため、今から肉まんの美味しいお店までおつかいに行くところ。


580350_2-9

チェンさんの自宅から400メートル離れたこのお店までなら、余裕で行って帰って来れる性能のラジコンカー。頼りになります。これなら買い物するのにマスクも要らないし安心ですね。


580350_3-12

ラジコンカーにはスピーカーも付いていて、チェンさんは街の警備員さんに「ちょっとお店の方呼んでくださる?」と声だけを使ってお願いしちゃいます。なかなか、したたかでしょう?警備員さんの方も「ほな、商品はここ入れときまっせ」と協力してくれました。さすが、市民の味方。

字幕説明文によると、車にはチェンさんの電話番号が記載してあり、店主はスマホ決済でちゃんと代金を請求することができたそうです。


580350_4-8

人目を引く帰り道。犬も驚いています。目立って有名になりすぎたため、実はチェンさん、もうこのラジコンカーデリバリーのお買い物はやめてしまったそうです。その代わり、自然の中でラジコンカーを走らせてカメラに映る映像を「旅気分」で味わっているのだとか。

気軽に外に出られない日々が続く今も、ちゃんと楽しみ方を工夫しているんですね。





海外の反応


・頭良い。

・通りすがりの人 : お、肉まんいただき。

・ちゃんと車を消毒してたとこが偉いよね。

・以前、ドローンを使って同じようにバニングスのソーセージ買ってたオーストラリアの人捕まったよ。

・電波がある程度強くないとね。ラジコンは携帯電話で操られたんだ。

・操作可能な範囲が気になる🤔🤔

・この女の子は、「運命がレモンをくれるなら、レモネードを作れ」の言葉を全く新しい形で実践したよね。

・たったひと時の楽しみのために3倍の労力を払ってでも、空腹には勝てないよね。

・よくやった!なんて知恵だ。政府もこの方法でみんなの食料調達について検討すべき。武漢負けんな!オーストラリアから祈ってるよ 🙏

・暗いBGMを選ばなかった気遣い、ありがとう。

声の引用元:YouTube
Writing & Translation:Shahriyar


おすすめ(外部サイト)