1200700-6-1200x700

画像の引用元:YouTube

みなさんの周りにも、自慢したくなる個性的なお友達はいますか?今日は「暖かい微笑みは、優しさを表す万国共通語」を合言葉にコント形式の動画を公開している、マーキアン(Markian)さんのYouTubeチャンネルから動画をピックアップしました。

こちらのチャンネルでは、アメリカでスマイル・スクアッド(Smile Squad)というチームを組む動画製作メンバーが、明るい文化交流ネタを詰め込んだ作品で笑わせてくれます。

「日本人の友人を持つとこんな感じになる(What It’s Like To Have a JAPANESE Friend )」というタイトルの今回のエピソードは、自称社交的インドア派のチャンネル主マーキアンさんの「◯◯な友人を持つと」シリーズ最新作です。日本人役を演じているのは、自らの動画投稿は専ら月曜にする事に決めているモトキ(Moretoki)さんです。2人の仕草が、おかしくて仕方ない。楽しんでご覧ください!


What It’s Like To Have a JAPANESE Friend | Markian


馬鹿にされてはいないんだけど褒められてもいない、おかしくって憎めない日本人像が新鮮






580350_1-6

日本人と言えば、手先が器用でアニメが大好きという、よく聞くイメージを動画で誇張して紹介する2人。画面右手のモトキさんが日本人の設定ですが、振り回されるマーキアンさん(左手)のリアクションが2人のやり取りを笑いに変えてくれます。


580350_2-6

カンチョー、膝カックン、デコピンあたりの悪戯を経験したことのある外国人は、日本人の輪に深く入り込んだ証でしょう。子供たちの間では、確かに昔ながらの通過儀礼かも。



580350_3-7

抱き枕を妻と呼ぶ習慣は、やっぱり変ですよね。見せられるとこちらが恥ずかしい。友達だからカミングアウトできる趣味なのではないでしょうか。なかなか鋭い視点ですね。



580350_7-4

その他にも、麺は啜っていただくとか、便座が暖かいのが当たり前とか、食べられる靴「も」あるとか、抹茶アイスとわさびは似ているエピソードとか…たとえセリフが聞き取れなくてもガッツリ笑える動画に仕上がっています。



580350_8-2

フランス、アメリカ、スペインの異なる文化圏で暮らしてきた経験から、異文化に対してとてもオープンな姿勢を見せてくれるマーキアンさんは、「第三文化の子供(Third culture kid)」と称する自らのユニークな感性をとても楽しんでいるようですね。

Facebookや、instagramでも、たくさんの愉快なご友人に囲まれて笑顔を絶やさないマーキアンさんの様子がたっぷり見られます。




海外の反応


・なぜかジェームズ・チャールズに見える彼

・彼、どこかちょっとジェームズ・チャールズを思わせるよね…面白い😂

・気を悪くしないで欲しいんだけど日本人には見えないな

・出てくるアニメ作品が、いちいち私を夢心地にさせる。

・「ポーランドの友人」バージョン、待ってる

・3:34だから他人んちの冷蔵庫を漁るなとあれほど😂

・オーマイガッ!はい、これ待ってました!!私の大好きな国、日本🇯🇵そして日本文化愛してるぜ!!! こんにちわ!!!^ – ^ 

・だよね、日本ってほんと凝ってて進歩的

・まずTikTokフレンドを作るんじゃないか

・ぼく中国人ですが、ジィちゃんはプリングルズ を箸で食べます。

声の引用元:YouTube
Writing & Translation:Shahriyar


おすすめ(外部サイト)