aka1200

画像の引用元:YouTube

イギリスで暮らすジョージーナちゃんは今4ヶ月。
補聴器からの音声に喜ぶその姿をパパがツイッターしたところ、その輝かしい表情は世界中に拡散されました。

生後2週間から補聴器を使用しているというジョージーナちゃんが、ママに合わせてお話する姿も一緒にご覧ください。


Baby Born Deaf Hears Her Mother for the First Time | NowThis


補聴器はまるで笑顔のスイッチのよう!






aka1

ママの声ひとつひとつにどんどん笑顔が広がるジョージーナちゃん。

「見てる人たちに”こんにちは”って言いましょうね」

そんなママの呼びかけに声をあげて応える姿に、早くもジーンときちゃいます。



aka2

こちらが生まれた時から重篤な難聴を患っていたというジョージーナちゃんの補聴器。
ずれないようデザインされていますね。赤いフックは女の子用かな?



aka3

こんなはじけんばかりの笑顔を見せられたら、ずーっと話しかけたくなっちゃいますね!

生まれたばかりの子どもの難聴を調べる、新生児聴覚スクリーニング検査は2つのタイプがあります。欧米では義務付けられている国もありますが、日本では未だ推奨レベル。発達の上で重要な言葉を身につけるためにも、補聴器は小さなころから装着したほうが良いそう。

医療や技術の発達で、こんなステキな笑顔がどんどん増えることを願ってやみません。




海外の反応


・嘘は言わない。この子はすごく可愛い。

・最悪の一日だったんだけど、YouTubeがこの動画をサジェストしてくれた。ありがとう、YouTube.

・薬と技術のない世界を想像してみて。

・泣いてなんかないよ、玉ねぎ切ってただけだよ。

・こんなに感情的に揺さぶられるとは思ってもみなかったわ。

・ボクはこういう話を必要としてたんだよ。

・なんて可愛いのってハートが叫んでるわ!

・コレが最高のクリスマスプレゼントかも。

声の引用元:YouTube



おすすめ(外部サイト)