i0001200
画像の引用元:YouTube

大切なペットの犬と猫もガンを患うことがあります。
その確率は驚くことに、犬の場合は人間と同じくらいの割合だそうです。

大切なペット達をガンから守るためにはどうしたらいいのか、教えてくれる動画です。


Spotting Potential Signs Of Cancer in Dogs and Cats


定期的なペットの健康診断がとても大事!







i0001

アメリカの獣医協会(AVMA)によりますと、犬も人間と同じ確率でガンを患います。猫も同様にガンになる可能性もありますが、犬の確率よりは低いです。

さて、ペットがもしガンを患っていた場合どのような兆候があるのでしょうか?


i0002

猫の場合は少しの変化しかないと、獣医のニック先生は話します。

例えば、体重減少、食欲低下、毛ずくろいをせず、毛が乱れるなど、猫に関してはとても兆候がとらえにくいです。なぜなら、猫はそのような症状を隠すからです。



i0003

犬に関しても、大体の兆候は同じです。

例えば、食欲が低下したり、体重減少やいつもよりも無気力で疲れている感じなどが挙げられます。



i0004

腫瘍ができるのは犬の方がより一般的で、全ての腫瘍がガンということはありませんが、10歳以上の犬の約半分以上がガンを患っていると言われています。

そのため、特に、しこりや腫れ、またはペットの動きや食事に常に気をつけることがとても重要です。



i0005

病気を発見するための重要なルールは、もし何か疑わしいことがあれば専門家の方に診てもらうことです。

病気の早期発見のためにも、健康診断を定期的に行いましょう。

獣医は犬の場合7歳以上、猫の場合10歳以上は1年に2回の健康診断をお勧めしています。

大切な家族のペット達が元気に長生きするためには、飼い主さん達の日頃の観察力も大切だと感じさせられました。犬や猫は言葉を発することができないので、もしかすると痛みに耐えていることもあるかもしれません。もし、いつもと違うなと感じた時はすぐに獣医に診てもらいましょう!




海外の反応


・私は犬を飼っていないけど、もし飼うことがあればこれが役立つだろう

・私の犬はガンを患いましたが、私たちは病気の兆候に気づくことができませんでした。そのため、彼女は死んでしまいました。

・私の友達の犬は皮膚ガンを患い8歳で亡くなりました。

・待って!犬もガンを患うの?治療法を探さなきゃ!

・私の犬も数年前にガンで亡くなりました。

・この動画がもっと早く製作されてたらよかったのに・・・もうすでに2匹の猫が亡くなってしまった。

・この動画サイトが投稿した動画の中で一番大事な動画です。

・私はたくさんの動物を飼っています。彼らは私の家族です。

・とてもいい動画です。全ての犬が良い人生を送れますように

・私の犬は2歳という若さでガンを患いました。

・オーマイゴッド!この動画に出会えてよかった。なぜなら私の猫もどうやらガンを患っているような気がするから。彼は長年獣医に連れて行ってないの・・・

声の引用元:YouTube



おすすめ(外部サイト)