k2019-11-20-2-1200-1200x653
画像の引用元:YouTube

家族同然の一員である大切なペットが、ある日突然失踪してしまったら・・・皆さんならどうしますか?

中国に失踪してしまったペットを探し出すプロがいると話題になっています。

なんの形跡もなく、いなくなってしまったペットをどうやって見つけ出すのでしょうか。

見てみましょう!


Chinese pet detective helps reunite lost furry friends with owners


あらゆる手段を駆使して







k2019-11-20-2-1

この男性が飼っているのはブリティッシュ・ショートヘアーのDuoduo。
ある日、突然飼い主のリーさんの元から姿を消してしまいました。

そこでリーさんは、ペット探偵に愛猫を探して欲しいと依頼をします。



k2019-11-20-2-2

ペット探偵のサンさんは熱画像装置などハイテクな道具やCCTV映像を使って、猫の形跡をたどります。

サンさんの成功率はなんと60-70%を誇ります。
テレビでも紹介された日本のペット探偵会社「ジャパンロストペットレスキュー」は8割以上とのことなので、個人で6~7割の成功率は相当高いと思います。

Duoduoの飼い主リーさんは、「見つからないかもと思っていたがペット探偵達の仕事はプロ意識が強く愛猫がどこに隠れているか、そのエリアを的確に探し出した」と話します。



k2019-11-20-2-4

サンさんはこの仕事を7年前から始め、以来約1,000匹のペットを見つけ出しました。

気になる1回のお値段は8,000Yuan(123,558円、2019年11月20日現在)です!

ちょっとお高く感じますが・・・大切なペットが見つかるなら安いものですかね!

サンさんは、飼い主とペットとの再会が幸せな瞬間だと話します。

ペット探偵という仕事が多くの人に知られて、ペットがいなくなって途方に暮れる人が少なくなるといいなと思いますね!




海外の反応


・彼はもしかすると動物を盗んで、その動物達を探すためのお金を飼い主達からもらっているかも

・すごいね!

・健全なようですね。残念ながら、香港については同じことは言えません。

・おー!これは素晴らしいです!

・値段が高いです!

・新しいペットを飼う分には十分なお金だ

・エース・ベンチュラ(ペット探偵のアメリカ映画)のリアルバージョンだ!

・これらのペットにGPS付きの携帯を上げる方が、シンプルでいいんじゃない?


声の引用元:YouTube



おすすめ(外部サイト)