62
画像の引用元:YouTube

オーストラリアに生息するウォンバットを保護して、自然に返す活動をしている保護団体Sleepy Burrows Wombat Sanctuaryがオーストラリア・ニューサウスウェールズ州にあります。

また新たに産まれたばかりのウォンバットが保護されてきました。

保護された赤ちゃんウォンバットが保護団体の方によって愛情を持ってすくすくと育っていく姿にほっこりする動画です。


2-Ounce Pink Baby Wombat Grows Up HUGE! | The Dodo Little But Fierce


いっぱい寝て、いっぱいミルクを飲んで大きくなるぞ〜!タイトル







63

こちらはオーストラリア・ニューサウスウェールズ州にある保護団体Sleepy Burrows Wombat Sanctuaryで新たに保護された重さはわずか2オンス(56.6g)しかないウォンバットの赤ちゃんです。

肌の色はまだピンク色で、毛も生えておらず、もちろん目も開けていません。

ただ、ウォンバット特有の長い爪は産まれたてでもはっきりと分かります。


64

このウォンバットは産まれてわずか数日で保護されました。

その小さな体で一生懸命毎日ミルクを飲んでいます。

ウォンバットはカンガルーなどのように腹部に育児嚢をもっており、赤ちゃんウォンバットは本来毛が生えそろう5〜6カ月間はその育児嚢の中で育てられます。

こちらで保護されたウォンバットの赤ちゃんたちは、毛布などで包まれてできるだけ母親と同じような環境で育てられています。


65

保護されてから60日、約2ヶ月が経ち、体つきもだんだんしっかりとしてきて少しずウォンバットの面影が出てきました。

ミルクを与える容器も大きくなって、それからもこのウォンバットの成長が伺えます。


66

保護されてから75日目にしてやっと初めて目を開けました!小さくてつぶらな瞳です。

目鼻口もくっきりとしてとても可愛らしいです!

保護団体の人に母親の育児嚢を復元するため、毎日ヘンプオイル(麻の種子からとれる油脂)を全身に塗ってもらいます。

とても気持ちが良さそうな表情をします。


67

保護されて115日が経ちました。

体重も1.6オンス(45.28g)になり、着々と大きく育っています。

肌の色も灰色になってきて、目もぱっちりです。

骨格もしっかりと出てきて、産まれた時からの成長が伺えます。


68

保護されてから233日が経ちました。

もうすっかり大きくなって立派なウォンバットです!

ワンちゃんにも興味津々で近づいていきます。

保護された時からは想像もできないほど大きく立派に成長したウォンバット。

また新たな赤ちゃんウォンバットが保護されてきました。

先輩ウォンバットとして、皆んなに愛され、これからもすくすくと成長し続けていってほしいですね!




海外の反応


・うわー、私はこのような種類の動画で見る他の動物と比較して、彼らがどれほど遅く成長するか全く知らなかった。目を開くためだけに約3か月。そして、6か月間は哺乳瓶でのミルクを飲む。うわー! 😳しかし、とってもかわいこちゃん! 😍

・とても可愛い!有袋類は素晴らしい動物です!彼らは基本的に胎児を産み、ママのポーチで発達を終えます。すべての有袋類の中で、ウォンバットはいつも私のお気に入りです!彼らはかわいい顔をしています! それらの小さな赤ちゃんたちの世話を見事にやり遂げたこの女性に祝福を!

・ウォンバットを初めてみました。とても可愛いですね!これからも彼らを守り続けてください!あなた方はとても素晴らしい仕事をしています

・この1週間で見た一番輝かしい動画でした!

・この動画は今までで一番満足度の高い動画でした。保護してくれた人は天使ですね!

・ああ、本当に良かった。その後彼女はどうなりましたか?彼女は彼女のママと深い絆を持っているに違いないのに、彼女はどうやって引き離されますか?

・それは可愛さとブサイクさを同時に兼ね備えています

・とっても可愛い!動物に優しいあなた方に幸あれ!

・彼女が初めて目を開けた時の可愛らしい小さな笑顔がとても愛おしい

・彼らが一番可愛いと思います!

・キスする音がイライラする。彼らの本物の母親は彼らにキスはしないよ!

・赤ちゃんウォンバットが嫌いな人がいる?

声の引用元:YouTube
Writing & Translation:のっぴー


おすすめ(外部サイト)