kuma1005-8-1
画像の引用元:YouTube

アメリカ・カリフォルニア州の家で起こった、熊にまつわるヒヤッとした出来事。

ある日一家の母親であるサンディーは、玄関の前にやってきた熊の親子を観察していました。

Mama Bear Charges Cabin with Frightened Family Inside


子熊は可愛いけれど、要注意!







kuma1005-8-2

すると、2頭の子熊のうち1頭が、人間に気付いて興味を持ったのか、こちらにどんどん近付いてきます!


kuma1005-8-3

子熊を近くで見れるかと思いましたが...



kuma1005-8-4

なんとその瞬間、母熊がこちらに向かって走ってきて、玄関のドアにアタック!

2足歩行でのアタックにサンディーは驚きを隠せません...!



kuma1005-8-5

そう思ったところに、もう一度アタック!

サンディーはこの状況の恐ろしさをすぐに理解し、拡声器を使って熊を追い払うよう、旦那さんに頼みます。



kuma1005-8-6

その後、母熊はこの一家を敵だと勘違いしたのか、玄関とは別の方向にあるベッドルームにも1度アタックしました。



kuma1005-8-7

最終的には旦那さんが拡声器を使って熊たちを追い払いましたが、もしドアが壊れてしまったら、もしどこかの窓が開いていたら、と考えると本当に恐ろしい出来事ですね。

熊の中でも、特に子熊を連れた母熊は大変神経質で危険だと言われています。

もし子熊と出会ったら、近くに母熊がいる可能性を考え、なるべく早くその場を離れましょう。




海外の反応


・子供のこと考えたら、ドアは閉めなきゃ!

 ↑自分の子どもとクマの子ども、どっちが大事なの?


・バカだね。クマの方がよっぽど自分の子どもを守ろうとしてるよ。

・ドアをしっかり閉めないと。問題の発端は自分じゃないか。良い動画を撮りたくでドアを開けたの?何が起こるか少しでも考えた?お茶飲みに来るとでも思った?

 ↑本当よね。

 ↑きっと家族の安全より、良い映像を撮ることが大事だったんだな。

 ↑同じこと考えてたよ。少なくともクマは野生動物なんだから。

 ↑クマ「蜂蜜入りの紅茶をいただけますか?」

 ↑母親がドアを開けたんじゃなくて、息子が開けたから、母親が閉めたんじゃない?


・クマにとっては知識のない旅行者の方がよっぽど有害だよ。

・動物の母親は、とても神経質で、子どもと食べ物を守って、本当に大変。人間の母親は、ケラケラ笑う、それだけ。親としてどっちが良い振る舞いだと思う?

・なんでドアを開けちゃったのよ、子供がいる母クマは一番危ないんだよ?

・こんな山の中に家が立ってたらこうなるよね。

 ↑レンタルしてるだけなんじゃない?


・クマ用の玄関なのか?

・かわいそうに。きっとお腹減ってたんだな。
声の引用元:YouTube
Writing & Translation:Lisa.Y


おすすめ(外部サイト)