99
画像の引用元:YouTube

道路で震えているヒナを保護した女性と、優しさと愛に包まれて育った鳥の心温まる物語です。

ある日瀕死のヒナを見つけた彼女は、いても立ってもいられずすぐに獣医へ。

獣医からは「箱に入れて、電球で温めてあげてください。」とアドバイスされました。

Woman Saves Sick Bird On Street — And Makes Her Family | The Dodo


救った小鳥は家族の一員になりました







93

全身濡れた状態で小石の上に倒れ込んでいる小鳥…。

巣から落ちてしまったのでしょうか…体は震え既にかなり弱っています。

見かねたエラさんは小鳥を救助する事に決めます。


94

小鳥を連れて動物病院に向かったエラさんは、獣医から「小鳥を電球の付いた箱に入れ、温度を80°Fから90°F(26.7~32.2℃)にあげる必要がある」と言われます。

家に戻り、早速電球で小鳥を温めるエラさん。

救いたいというエラさんの思いが伝わったのか、小鳥は少しずつ快方に向かい鳴き声をあげるまでに。


95

餌も食べられるほど回復したある日、エラさんはヒナを自然に返すことを決意します。

寂しさを感じながら、仲間のいるビーチまで連れていきますが....


96

ヒナも外の世界を怖がり、葉っぱの下に隠れてしまいました。

周りの鳥たちも、小鳥を受け入れてくれる気配はなさそうです。


97

しかし小鳥はすでに自分の家族を見つけていました。そうエラさんです。

エラさんも小鳥を飼うことに決め、小鳥にエルナという名前を付けます。

飼いだして2日目にはエルナの事を大好きになっていたというエラさん。

小鳥もすっかり懐いており、エラさんの肩の上でマッタリとしています。


98

出会った当初とは見違えるほどに成長し、愛嬌たっぷりに育ったエルナ。

「彼女は目を覚ますと歌い始めるの。まるで目覚まし時計のようにね。そして外に出掛けるのが好きなのよ」とエラさん。

エラさんは、エルナが来てから毎朝起きるのが楽しみなのだそう。

エルナもきっと、拾ってくれたのがエラさんで良かったと心から思っている事でしょう( ´ω​` )




海外の反応


・この女性は人間まだまだ思いやりが溢れてるって思わせてくれるわ💗

 ↑人間は鶏を食べるんだ。鶏を食べる、それが人間さ。

 ↑僕は動物は食べないんだ。

 ↑こんなに優しい人はそういないけどね。

 ↑思いやりはいつでもあるけど失敗することもあるわ。同じようなことをして失敗した人を知ってるの。鶏のために必要なものを揃えて命を救ってあげたことは本当に素晴らしいわ。

 ↑わあ、すごい🙌🏻💗

 ↑私が住んでる地域ではこんなことよくあるわ。多分住んでる場所によるんじゃない?

 ↑KFCに行ったのかな?


・実際、鶏は本当に可愛いペットになり得るんだよ。私もうちの子のこと本当に大切にしてる。

 ↑そうなのよね。私も昔ミリーっていう鶏を飼っていたんだけど、亡くなった時は本当に毎日泣いていたわ。

 ↑実際、鶏は本当に美味しいサンドイッチになり得るんだよ。


・なんて素敵なストーリなの!鶏も本当に可愛いし、こんなに優しい女性に助けてもらって世話もしてもらって本当に素敵ね💖🐤🐥

・すごく良かった...小さなベイビーを助けてくれたなんて天使ね。

・動物の中でも鳥は大好きなんだ!愛のある助けに感謝だね💜💜

・見ていて楽しいと通り越して感動して泣けた。

・本当に美しいストーリー!人も素晴らしいし鶏も最高👸💖🐤鳥って本当に天使みたい。

・なんて可愛いの。あと野生の鶏がいるって初めて知った(笑)

 ↑ハワイに行ってたことがあるんだけど山の上からビーチまで野生の鶏はたくさんいたわよ。

 ↑そうなんだ!僕も行ったことあるけど、あんなに最高なビーチは他に見たことないよ。鶏は可愛いけど毎朝起こされそうだな。


・こういう人がいてくれるなんて本当に素敵。ありがとう。

声の引用元:YouTube
Writing & Translation:Lisa.Y


おすすめ(外部サイト)