312
画像の引用元:YouTube

「今まで動物好きな人をあんまり理解できなかった」
「ただの動物でしょ?と思っていた」

そんな過去の自分を語る男性ショーン。

恋人のある提案から、ショーンの動物に対する感覚がどんどん変わっていきました。 

Amazing Rabbit Changes Man's Mind About Animals - CHIEF BRODY | The Dodo - Happy Father's Day!


キッカケとなったウサギと、新しいウサギとの日々








306

こちらの男性の名前はショーンさんといいます。

もともとあまり動物に興味のなかったショーンさんですが、今ではチーフと名付けられたクリーム色のウサギと毎日を楽しく過ごしています。

こちらの画像は、ショーンさんの手からバナナを美味しそうに食べるチーフ。
少しだけ黒い毛が混じっているのが特徴の可愛い子ですね。


307

チーフはショーンさんのお腹の上が大好き。

ソファーに座っているとチョコンと乗ってきて、ショーンさんと一緒にテレビ鑑賞をします。

ショーンさんも、大好きなチーフに乗って貰ってとても嬉しそうです(∗ˊωˋ∗)


308

頭を撫でられるのが大好きなチーフは、他のところを撫でていると「頭を撫でて!」とおねだりしてくるようです。

同時に色々なところを撫でてあげたらどうなるんでしょうね?(笑)


309

チーフと穏やかな日々を過ごしているショーンさんですが、彼がここまでウサギを好きになったキッカケがナッツィーという灰色のウサギでした。


310

ナッツィーは、ショーンさんの恋人が救助したウサギでした。

ある日その恋人から「数週間だけナッツィーを預かって欲しい」と言われたショーンさんは、特に何も気にする事無くナッツィーを預かる事に決めます。

しかしナッツィーと暮らしている内に、ショーンさんはウサギを手放せないくらいに気に入ってしまったのです。


311

キッカケを与えてくれたナッツィーは残念ながらもう居ません。

ナッツィーが居なくなってからというもの2匹目を飼う自信を無くしていたショーンさんですが、チーフという相棒と共に新しい人生を送る事を決意します。

悲しみを乗り越えて新しい出会いをしたショーンさん。

ペットとして飼われいてるウサギの平均寿命は10年程…。
彼とチーフができるだけ長く一緒にいられるといいなと心から願います。




海外の反応


・本当の男だ。
 ↑賛成

 ↑本当の男っていうのは男の子として生まれた人さ。この人も優しいかもしれないけど男はみんな本当の男だよ。


・うさぎって人間が思っている以上に賢いのよね。うちにも大きいうさぎがいるけどいろんな表情をして面白いのよ。

・僕は「ただの動物だろ」っていう人が嫌いだ。

 ↑人に対してもそう思ってるかもね。

 ↑そうね、そういう人たちが動物が与えてくれる楽しさを知らないのはすごく勿体無いと思う。動物最高!


・出会い系アプリでこの人探す。

・私は人の判断基準として動物の扱い方を見るときがある。

 ↑私も。

 ↑食べる人はどうなの?


・数年前に家族を亡くしたんだけど、もしペットがいなかったら僕がここに居なかったかもしれない。

・ウサギにも個性があるんだね。

・今まで見た中で一番可愛いかも😍😍

・1匹目に亡くなった子は残念だったわね。

・僕は2013年から2016年にその子が死ぬまでウサギを飼っていたんだけど、その三年は本当に最高だった。この映像を見て自分がその時にどれだけ幸せな気持ちで過ごしていたかを思い出せたよ。今では僕も違うウサギを飼ってるんだ。

 ↑もし買おうと思ってるなら2匹で飼ってあげな。仲間が居て喜ぶからさ。 


・こんなに犬みたいなウサギ初めて見た。

・この男性最高。

・うさぎって本当に最高なんだから!
声の引用元:YouTube
Writing & Translation:Lisa.Y


おすすめ(外部サイト)