2-0_top
画像の引用元:YouTube

アメリカ・ニュージャージー州のとあるご家庭での出来事。

自宅の庭先で、真っ黒な大きなクマが大喧嘩!

大人同士の喧嘩に首を突っ込んではいけないとは分かっているので、ちょっとだけ撮影させて貰いますね!

Two Bears Wrestle in Front of New Jersey Home


コロシアムじゃないですよ







2-1

クマの大きさと体格から見ると「子クマがじゃれている」という様子ではなく、立派な大人のクマが喧嘩をしているように見えます。

この大きさだとメスではなくオスかもしれませんね。

ともすれば、縄張り争い的な戦いなのでしょうか。


2-2

テラスのすぐ先での出来事に撮影者さんもビックリ。 

かなり近いので、こちらに注意が向いてしまうととても危険です。

こういう時はいざという時の事も考えて、室内から観察する方が安全だと思います。


2-3

2足歩行で取っ組み合いをする様子は相撲やレスリングにも似ていますね。

まあ、相撲は噛んだりしませんけど(汗)


2-4

一頭がもう一頭の顔に噛み付くと、そのまま左側に消えていってしまいました。

本気より1レベルくらい低い戦いですが、クマ達がこの後どうなったのか気になります。

どちらも怪我をせず別れていてくれればいいのですが…そうもいかないでしょうね…。


2-5

アメリカには、日本のクマより体が大きな種類のクマが生息しています。

普段はおとなしいクマも、食べ物や子クマがいる場合は気性が荒くなる可能性があるため、日本でもアメリカでもクマに接触したりクマと鉢合わせたりすることは大変危険です。

日本でも一部では民家の近くに現れたりしますが、アメリカの場合頻度がより高い気がしますね。

こんなのがホイホイ出てくるような地域の方は、一体どうやって見の安全を確保しているのでしょう。

わたしなら庭に出るのも怖くて、引きこもりになってしまいそうです…。




海外の反応


・庭のすぐ先じゃん😮信じられない!

・喧嘩してるみたいだけど、1頭はきっと警察に言いに行ったんだな。

・100万再生まで辿り着きそう😱

・理解しがたい…。

・こんなに大きいクマがニュージャージーに居るんだね。モンタナにもいるのかな?

・これだから森でのハイキングはしたくないんだ。

・ビデオのタイトル「2匹のロシア人ファイターがアメリカに」

・あんまり近づくと引っ掻かれちゃうよ!

・で、どっちが勝ったの?

・きっといつか共存できるようになるよ。

・撮影した人はきっと、どちらかが倒れたら1ラウンドが終わるって分かってたんだな。

・私は参加したくないかなー💦

・戦闘機みたい(笑)

・ブレイクバレル177が必要かも🔫

・踊っているようにも見えるね🎵

・悪い子たちね!(笑)

・いまや世界的スターだ😊

声の引用元:YouTube
Writing & Translation:Lisa.Y


おすすめ(外部サイト)