166
画像の引用元:YouTube

世の中には危険なスポーツが多く存在しますが、その中でもベースジャンピングと呼ばれるスポーツは非常に危険で、60人に1人が死亡しているとも言われています。

そのベースジャンピング中に道具に不具合を起こし、まさに絶体絶命に陥ってしまった男性。

彼は幸運にも助かりましたが、搬送された病院で衝撃の事実を知ることになります。

BASE Jump Goes Bad on Mount Brento || ViralHog


高い所が好きならスカイダイビングの方をおすすめいたします。







161

イタリア、ブレント山の断崖絶壁に立つ男性…。

高所恐怖症なら画像だけで怯んでしまいそうな高さなのですが、こちらの男性は、その断崖から落ちる準備をしています。

もちろん自殺をしようとしているわけではありません。

ベースジャンピングと言われる、超高層建造物や、断崖などの高いところからパラシュートを使って落下するスポーツをしようとしているのです。


162

男性は、数を数えて崖下へと飛び込みます。

クルッと一回転した時に、自分の影が断崖に映っているのが何となくいいですね。


163

ベースキャンプはスカイダイビングと違い着地点が近いため、出来るだけ素早くパラシュートを開く必要があります。

ただ素早く開くだけでは障害物に接触してしまう事もあるので、慎重に、しかし早く、というかなり難しい調整が必要になってくるようですね…。


男性は大体100m降下したところでパラシュートを広げます。

そのままゆっくりと降下…と思われましたが、男性は酷く慌てた様子で操縦する部分を何度も引っ張ります。

動画では良く見えませんが、どうやら傘の部分に不具合が出てしまったようです…。


164

傘の不具合の所為で落下速度が落ちません。

このままでは断崖に打ち付けられてしまうことになる男性は、何度も、何度も、悲痛な声をあげながら傘をもとの状態に戻そうと必死になります。

しかし残念なことに傘の状態は戻らず、男性は崖下へと落下…。


165

男性は崖下に二度程バウンドしたあと、そのまま断崖を転がり落ちて行きます。

少しすると断崖に捕まる男性の姿が映し出されました。

どうやら、傾斜のゆるくなっている所で止まることが出来たようですね。

酷く足を痛がっていますが、落下した衝撃で右足の脛骨を骨折してしまったようです。

この高さから落下して、そのくらいの怪我で済んだのは幸運と言えるのではないでしょうか。

男性はその後レスキューチームによって救われたそうですが、搬送された病院で、前日にベースジャンピングをした女性が同じ不具合を起こし、頭蓋骨骨折と大腿骨骨折で亡くなっていることを知るのでした…。




海外の反応


・「落下ダメージなし」の特典は付かなかったみたい…。

・この事故は山から飛び降りないことで100%予防できます😅

・次はちゃんと死ねるから心配しなくていいよ?

・おお、楽しそうだね。自分も一度試してみたい。

・誰が彼のパラシュートを詰め直したんだろう…。

・人は何故馬鹿なことしていおいて、それが起こると疑問に思うんだろうか。

・安全を第一に考え、命の危険を冒してまでアドレナリンを摂取するのはやめましょう😫

・「チクショウ」だって?!そこは「神に感謝します」だろ!

・なんて馬鹿な人なんだ。彼は二度とやらないと思うね。

 ↑彼は生きてる。きっとまた山から飛び降りるよ。

声の引用元:YouTube
Writing & Translation:Lisa.Y


おすすめ(外部サイト)