24
画像の引用元:YouTube

サスカチュワン州のクマ狩りに参加した撮影者さん。

クマを狩るどころか、クマに狩られそうになってしまいました。

クマを狩りに行くのにクマの得意技を把握していないのもダメですが、弱い武器だけで挑もうとしたのもかなりの失敗だと思います。

というか、明らかに人間より強いものを、娯楽で狩ろうなんてしない方が絶対いいです( ˘-ω-˘ )

Bear Climbs into Tree Stand with Hunter!


大人しいクマで本当に命拾いしましたね…!







19

狩りに来たはずの撮影者さん。

何故か木の上に拠点を作っていますが、クマはそんな撮影者さんが気になるのか木を登ってきます。

クマが登ってきている最中、何か飲むような音やビスケットを噛むような音が聞こえるので、もしかしたら木の上で食事をしているのかもしれません。

20

クマは木登りが得意ですので、あっという間に撮影者さんのところまで登って来てしまいました。

下にはもう1匹クマがいますが、こちらは登る木はないようです。

クマは撮影者さんのバッグの中をクンクンと嗅ぎ回っています。

きっと、何かクマの興味をそそるような美味しい匂いがするのでしょう。

21

クマはバッグから撮影者さんの足に興味を移すと、こちらも気になるようでクンクン。

興奮している様子もありませんし、何もしなければ襲っては来ないと思いますが、それでもこれだけ至近距離にいると恐いです…。

22

クマは再びバッグに興味を移すと、今度はバッグを引っ張ってしまいました。

ずり落ちてしまったバッグでクマが何をしているのか見えなくなってしまいましたが、この時クマはバッグを引き裂き、鼻を突っ込んで、金属製のボウガンの矢を折り曲げていたらしいです。

撮影者さんの手元にもボウガンの矢が映っていますが、これを足場もないような場所で曲げるなんて信じられません。

23

クマはその後、満足して木を降りていきます。

一応手元にずっとボウガンを持ってはいましたが、クマが本気になればボウガンなんて役に立たないでしょうから何事もなくて本当に良かったです。

撮影者さんは「この素晴らしい出会いに本当に感謝しています。美しい野生動物を尊重することを忘れないようにして下さい。後、絶対真似しないように!」というコメントを残しておられました。

言われなくても絶対に真似しないですし、むしろ撮影者さんこそ気をつけて下さいね!と言いたくなりました(笑)








海外の反応


・それが自分だったら、ズボンから漂う匂いが彼を追い払ったでしょう(笑)

 ↑もしかしたら怒っていたかも?動画は匂いを記録しないから分からないけどね。


・冷静さを保ち、クマの好奇心を引いてくれてありがとう。素晴らしい映像でした。

・このビデオの大部分であなたの心臓の鼓動が聞こえるのはほぼ確実です😂

・彼の鼻を撫でてみたら良かったのに!

・あなたを傷つける事に興味がなかったみたいだね。しかし、クマの食欲が人間に対する恐れを上回った事は驚きだった。あなたの足が噛まれなくて良かったよ。

・熊に襲われたら木に登ってはいけないと言うのはそのためです。

・彼女はあなたのサラミサンドイッチを探していたんじゃないかな。

・クマの臭覚は凄くいいよ。犬よりは劣るけどね。

・本当にあなたが怪我をしていなくて良かったです。

・素晴らしい経験ですね。

・なんて勇敢な人なんだ。自分なら心臓発作で死んでいたかもしれない💦

声の引用元:YouTube
Writing & Translation:Lisa.Y


おすすめ(外部サイト)