137
画像の引用元:YouTube

アメリカ、ニュージャージー州ヒューイットのお宅の裏庭にクマが侵入。

気づいた犬がクマに体当たりをし、追い出す映像が話題となっていました。

まだ若いクマだったので良かったですが、大きなクマであればどうなっていた事やら…。

クマが人間のエリアに入ってこない画期的な方法があったらいいですけどね…。

Brave dog chases bear from garden in New Jersey


お腹が空いたクマさんが鳥のエサがお好き?







131

民家の裏庭にやってきた一頭のクマ。

見た感じ少し小さめなので、大人になる前の若いクマのようです。

お腹が空いているらしく、エサを探して鳥籠をクンクン。

132

少しすると、茶色の鳥籠にエサが入っている事に気づいたようで、立ち上がって鳥籠を壊してしまいました。

鳥籠には小さなエサが詰め込まれていたようで、壊れた拍子にコンクリートの上に撒かれてしまいます。

133

クマは落ちた小屋をひっくり返し、小鳥の餌をペロペロと食べ始めました。

クマが食べるには小鳥の餌は小さすぎますね(ーー;)

人間がきな粉を舐めるみたいになってしまっています。

134

食事をしていたクマですが、何かの気配を感じたのか斜め後ろをじっと見つめ始めます。

すると、裏戸からクマと同じくらい黒い犬が猛スピード走って来てクマにアターーック!!

135

クマはビックリして犬が入ってきた方へ逃げ去って行きます。

もちろん、犬側も逃すまいとスライディング体当たり!!

何だか犬が楽しそうなのはきっと気の所為でしょう…!

136

そのまま追いかけられて逃げていくクマと、追いかけていく犬。

犬が戻ってこないのを見るに、結構遠くまで追いかけていったようですね…。

ニュージャージー州ヒューイットは自然豊かで綺麗な田舎なので、ご飯になる獲物は沢山いると思うんですが、それでも小鳥のエサを取りにきたのは、小鳥のエサの味が美味しかったからなのかもしれません。

味を占めると何度でも来てしまうので、事故が起きないように、クマが来ないような対策が必要になってきますね。




海外の反応


・クマはすぐに誰の縄張りか理解した。したがって本当の戦いは起こらなかった。

・猫が200キログラムのクマを追いかけるのを見たことがあります。クマは彼らが本当に追い詰められていると感じない限り本当に穏やかですよ。

・お腹を空かせた子供のようだ。その犬はラッキーだったね。

・可哀相な子熊!!彼はただ少し食べ物が欲しかっただけなのに!!

・人間はクマの生息地をどんどん奪うので、クマ達はとてもお腹が空いてるようです。

・クマは友達だよ!!彼らの生活空間も与えてあげて!!

・正直な所、そのクマは誰にとっても驚異ではなかったと思う。

・明らかにロシアのクマじゃないね。もしロシアのクマだったら、犬は玄関から逃げ出す羽目になってたろう。

・もし、そのようなクマが私のうちにやって来たら、デンマーク人のお腹に収まるためのクマの肉にしていた事でしょう。

・あの犬は前にも同じことをした事があるんじゃないかね。

・自分の居住空間に侵襲者が入ってきたのを見つけたら同じことをするよ。

・犬の形、スタイルからドーベルマンだったのかもしれません。彼らは大胆不敵で、何かを守るためなら一瞬も躊躇わないでしょう。
声の引用元:YouTube
Writing & Translation:Lisa.Y


おすすめ(外部サイト)