430
画像の引用元:YouTube

プールをしっかりと柵で囲って置かなかったために起こってしまった事故…。

幸運なことに周りには大人が居て、ずっと見ていたために悲惨な事にならずに済みましたが、起こったあとでホッとしても結果論でしかありません。

7月後半から夏休みも始まります。

この時期はとても水の事故が多くなりますので、親御さんは十分注意してあげて下さいね~( ´ω​` )

Dad Dives to Save Son || ViralHog


小さな子供は何にでも興味を保つので、しっかりと安全対策を!







424

アメリカ・フロリダ州の夏は日本と同じく蒸し暑い!

ただ、日本と違い、自宅にプールを持っている方も多いので、夏場は家族でプール遊びという光景も珍しくないようです。

こちらのお宅でもプール一杯に水を張り、ボールも用意して家族で楽しく水遊びをしているようです。

425

プール脇では、お父さんらしき方ともう1人の男性が、談笑しながら美味しそうにビールを飲んでいます。

そこにやってきた幼い男の子。囲っている柵の隙間からプールの方へ。

426

男の子はどうやら黄色いボールが気になるらしく、プールサイドを歩いてボールの元へと歩いていきます。

柵の所為でこの場面は良く見えませんが、男の子はボールの元へとたどり着くと、ボールに手を伸ばしてプールの中に落ちてしまいます。

427

それを見たお父さんは慌てて走っていき、ヒーローのように柵を飛び越えてプールの中にザプーン!!

428

そのまま男の子を救助します。

429

お父さんの腕の中には男の子の姿。

落ちてすぐに救助したので、きっと水も飲まずに済んだでしょう。

囲っていた柵はベビーゲートだったらしいのですが、今回は閉じ忘れていた事でこの事故が起こってしまったようです。

お父さんは「幸いなことに、この事故が起きるまでの間、わたし達はずっと息子に目を向けていたので、すばやく行動する事が出来ました。もし目を離していたら、この状況はもっと悪くなっていたかもしれません」

と、コメントを残しておられました。

同時に、柵をしっかりと囲って置かなければ悲惨な事故に繋がりかねないという事も感じておられて、その事を示すためにも、この動画を共有したという感じも見受けられました。




海外の反応


・よくやったぞ!パパ!!

・彼が泳げるようになるまで救命胴衣を付けてあげようね。

・何でもっと長くフェンスを伸ばさないの?

 ↑この年齢の子供にフェンスはあんまり効果がないからじゃないかな。

・いいジャンプだ。

・素敵なダイビングだね。

・何で効果のないフェンス付けてるの?

 ↑多分ワンコが入らないようにするためだと思う。


・毎年何人の子供がこのような事故にあっているのだろうか…。

・柵をつけていても門は開いたままで、息子も近くに行かせている…。彼はちょっと叱られておくべきだね。

・すぐ近くに3人もの大人が居たのに、彼がなぜ救いに行ったのか分かりません。
声の引用元:YouTube
Writing & Translation:Lisa.Y


おすすめ(外部サイト)