110
画像の引用元:YouTube

これから犬を飼いたいと思っている方はいらっしゃるでしょうか?

犬には換毛期という凄く毛が抜ける時期があり、その時期にちゃんとブラッシングしてあげないと大変な事になってしまいます。

というわけで、ハスキーを3匹飼っておられるタラス・クラコフさんが、「犬を飼うってこういう事だよ」という動画を作ってくださったのでご覧ください。

So You Want a Husky? Be Ready for This!


集めたらクッション1つ分くらいにはなりそうです。







104

換毛期のシベリアン・ハスキーをお手入れする事にした飼主のタラス・クラコフさん。

こちらの動画はチャンネルが違っていますが、当ブログでも何度かご紹介させて頂いた「CrazyRussianHacker」チャンネルの方ですね。

「CrazyRussianHacker」は商品解説。こちらのチャンネルは飼っておられるペットや家畜の事と、複数のチャンネルで分けて投稿しておられるようです。

105

さてさて、お手入れという事でブラッシングでもするのかと思ったら大間違い。

落ち葉などを掃除するための送風機で一気にやっちゃいます。

さっそくブォ~ンと送風機で毛を吹き飛ばされるルークくん。

106

タンポポの綿毛のように毛が吹き飛んでいるのですが、画像だとわかりにくくて残念です(ーー;)

海外コメントに、タンポポに例えてルークくんの毛が地面から生えてきそうだというのがありましたが、正しくそんな感じでフワフワと飛び散っていました。

107

口が大きな送風機だと毛が飛ばなくなってしまったので、よりパワフルにするために口を小さいものに変更してみました。

持ちやすく動かしやすくもなったので、より細かい部分までケア出来るようになったのはいいですね。

時々邪魔が入るので、送風機を口にあてて遊ぶタラス・クラコフさん。

相変わらず笑い方がチャーミングです。

108

飛んでいる毛は画像では分かりにくいですが、手前の子についている飛び散った毛で、どれほど凄いのか判断して頂ければなと思います。

109

動画の最後らへんでは、とても気持ちよさそうにお手入れされるルークくんの顔が見られます。

立っているので眠れませんが、横になっていたらそのまま寝てしまいそうなくらい目がウトウトしていました。

一般的な日本の家屋では、この方法でのお手入れは出来そうにありませんが、出来たらきっと気持ちが良いでしょうね~。

代わりと言ってはなんですが…送風機ではなく、掃除機を使って毛を吸い込んでみるのもアリかなって思います。

ただし、あまりにも大量の毛だと詰まって壊れてしまう恐れもあるのでご注意( ˘ω˘ )




海外の反応


・あなたの犬とても行儀がいいわね。

・「雪が降ってる?!」「いや、隣人がまた犬の毛を飛ばしてる」

・空気で攻撃するたびに彼が笑うので、とても楽しくて心が温まります😊

・彼はもともと1匹の犬しか飼っておらず、最初の犬の髪の毛を全部使ってさらに2匹作った。

・この犬はなんという品種ですか?ハスキータンポポミックス?

・わたしが見てきたものの中で最もロシア的なものだと思う(笑)

・うちの犬は送風機がONになった瞬間に丘を目指して走り出したよ。

・犬のサムネでクリックして、彼のアクセントを聞きたくて動画に留まった。

・これを見た後は、口の中に髪の毛が入ったかのような気分になるね。

・ヨーロッパ人とアメリカ人は櫛を使います。 ロシア人は送風機😂

・あなたがアレルギー持ちで彼の隣人だったと想像してみよう。

・来シーズンはハスキーの毛の雑草で溢れそうだね。

・近所で巣を作っている鳥の巣作りに役立ちそう!

・もっとこの品種の犬を飼うことの難しさを示す動画を投稿するべきだよ。

・掃除機で掃除してみたけど結構上手くいくよ。
声の引用元:YouTube
Writing & Translation:Lisa.Y


おすすめ(外部サイト)