145
画像の引用元:YouTube

コロラド州に在住しているケイティ・ホーリーさん。

ある日、台所の鍵を締め忘れて外出してしまいます。

自宅に戻り、取り付けておいたカメラを見ると、そこには我が家のように堂々と歩くクマの姿が…。

クマは部屋をウロウロすると、ピアノに手を掛け…。

Bear Breaks Into Colorado Home, "Plays" Piano


ベアー独奏曲 第1番







146

こちらはケイティさんの自宅の一室。カントリーな感じでとても素敵ですね。

左端っこにちょこっと黒い物体がはみ出していると思うのですが、それが既に侵入しているクマの一部らしいです。

ガサガサっと音がしだすと、黒い物体が左側へ消えていきます。

147

少しすると、どこかに上がっていたクマが降りながら部屋の中央へとやってきます。

ウロウロ、ウロウロ

148

バルコニーも気になるようですが、眺めるだけで開ける様子はありません。

149

窓を見終わると、反転してピアノの方へ。

150

ピアノの前にある窓が気になったらしく、立ち上がって見ようとした際に鍵盤をバーン!と叩いてしまいました。

「ジャーン!」と大きな音を出す鍵盤。

クマは特に驚く事もなく、ピアノの前の窓の外をジーッと見つめています。

151

ピアノを弾き終わったクマは、そのまま奥の方へ消えて行ってしまいます。

このまま外に出て行ってしまったのかな?動画がそこで終わってしまっているので分かりませんが、ケイティさんが戻ってきた時には居なかったようなので、この時に出ていってくれたのかもしれませんね。

クマが侵入していたという事実はとても恐ろしいですが、ピアノを弾いて帰ったと思うと若干怖さも薄れる気がします。

しかし、家に戻る前に出ていってくれるとは限らず出くわす危険性もあったわけなので、自宅の鍵はしっかりと掛けた方がいいですね。




海外の反応


・モーツァルトはクマとして帰ってきた。

・ピアノがチューニングされているかどうか確認するために家に侵入するなんて、なんて謙虚なクマなんだ。

・ハンガリー協奏曲 第2番を弾いてくれる事を期待していました...。

・クマがピアノの音に驚かなかったのは驚きだね。

・熊はまだその家の中で何かを探しているとの噂。

 ↑えぇ、それは楽譜よ。


・少なくとも彼は何も盗まなかった😊

・平均的なコロラド州の1日だね。

・ロシアではクマは最初にウォッカを盗んでからピアノを弾くよ。

・その曲のタイトルは何ですか?

 ↑「One Note Sambear」


・伝説によると、クマは時々家にやってきてピアノを弾いているそうです。
声の引用元:YouTube
Writing & Translation:Lisa.Y


おすすめ(外部サイト)