81
画像の引用元:YouTube

現在では極東ロシアにしか生息していないと言われるアムールトラ。

昔は東アジアから中央アジア、西アジアまで広く生息していたようですが、薬や装飾品にするため乱獲されたらしく、現在では厳しく取り締まっている極東ロシアにしか生息していないとの事です。

戦国時代、加藤清正が朝鮮出兵の際にトラ狩りをしたエピソードがありますが、これもアムールトラだと言われています。

Alcyone a Siberian Tiger


ご飯の邪魔したらガルルルゥ!!







82

手の甲に鳥の肉を乗っけたままで威嚇し続けるアムールトラ(シベリアトラ)。

大きさといい、色艶といい、凄くゴージャスなのですが、手に乗っけている物の所為でゴージャス感が薄れてしまっている感があります(苦笑)

83

カメラに向かって「ガルル、ガルル」と怒り続けていたトラ。

空腹に耐えかねたのか、やっと食事に口をつけ始めました。

84

手はちゃんと揃えたままで鶏肉を豪快に頬張るトラ。

怒りながらも頬張る姿は、エサを奪われまいと唸りながら食べる子猫にソックリです。

85

鶏肉を半分食べると、再びカメラマンに向かって怒り出してしまいました。

やっぱり人の視線があると気になっちゃいますもんね…。

86

一際大きく吠えるトラ。

少し体が浮いたので、飛びかかってくるのではとヒヤヒヤしてしまいました。

可愛くて、美してくて、一挙一動を見ていたい気持ちは分かりますが、トラはとても繊細な動物なので、食事の時くらいは刺激しないであげた方がいいですね。


海外の反応


・彼は最高に美しくて生気に溢れてるね…大自然の素晴らしさが詰め込まれている。

・ジャングルでこれが聞こえてきたら…って想像してみ。

・なんだろ。まぁとりあえず彼が肉を食べるのを距離を置いて見とくよ…。ちょっとあのフェンス薄すぎるからね😂

・うちのおじいちゃんのいびきに似てる

・ウッヒョー!あのぶっとい腕見てみ!

・え、あのフェンス…薄すぎ!?

・こりゃ12気筒エンジン(V12)の音だわ。

・これはまさにパニガーレV4(ドゥカティのバイク)にAkrapovicのマフラーを装着した時の音でござるな!!

・うわぁ…あの筋肉見てみろよ…ヤバィ…まさに美しさと力強さを兼ね備えた肉食獣だわ。

・当コンテンツでは、より良い体験のために、ヘッドフォンの装着をオススメいたします。

・こんなに魅力的な生き物が今も乱獲されてると思うと、そういう人たちの心を疑う。

・サイズに関係なく、猫は臨戦態勢に入ると耳を後ろにたたむんだ。

・おー!すごい綺麗なトラだ!

・とりあえず視界の正面からどいて、目を見ないであげて…喧嘩売ってることになってるから…!

・いい唸り声だね。真に恐れを知らない、世界で最強の生き物らしい声だ。

・筋肉の上に更に筋肉の層がある感じがする
声の引用元:YouTube



おすすめ(外部サイト)