29
画像の引用元:YouTube

アジアゾウの生息地のスリランカ。

一時は乱獲や、住む場所を奪われるなどして絶滅寸前だったようですが、今では象の孤児院なる施設も作られ、保護に熱心な国でもあります。

そんなスリランカでは、一般道路に象さんがエサを貰いに来る事もあるようです。

Huge Wild elephant waiting for food!


通行料は1バナナになりまーす🐘







30

スリランカにあるとある道路。

片側車線を完全に塞いでしまうかたちで、一頭の象が佇んでいます。

通り過ぎないといけない車やバイクは、好奇心なのか恐れなのか、速度を緩めたり手前で停止したり。

31

しかし通り過ぎていく車もあれば、象の前に停止していく車もあります。

32

良く見えませんが停止したトラックから象に何かが受け渡されました。

受け取ったものの色から察するに、どうやらバナナを象にプレゼントしたようですね。

33

ここを通り過ぎていく度に、それが当然であるかのようにバナナをプレゼントしていく運転手さん達。

34

時には、物珍しさに車から出て象に近づく人達も居ました。

地元の人ではなさそうですが、象に近づいて怖くないのでしょうか:;(∩´﹏`∩);:

35

渋滞が起こっても特に気にしない象さん。

彼にとってこの場所は生きるために重要な場所になっているのでしょう。

周りの人達もそれを受けれいるようなのでwin-winでいい関係ですね。

この周辺に象さんを見守るホテルとか建てたら案外儲かりそうです。


海外の反応


・一人あたり一バナナが必要な象の有料道路です。

・これはスリランカ、カタラガマにあるBuththala道路ですね。昨日果物をあげてきたばかりです。

・今まで見た中で最高にクールな料金所だねぇ!

・人々が象を愛してくれているのを見れて嬉しいです💓

・どんな野生動物でも一度エサを与えてしまうと、より多くを求めて戻ってきてしまいます。これが我々がそれらを養ってはいけない理由の一つです。

・象「果物を払うか、粉砕されるか、選択肢は君にある」

・この人達は勇敢ね😣わたしは怖いわ。

・この道路にある果物スタンドはきっとブームになっているだろうね。

・凄い甘やかされてる😂

・このアジアゾウは交通警察か何かなの?

・スリランカ人の親切と愚かさ!!

・誰かが怪我しないように果物を出し続けないと…。

・象が扶養家族になるのは悲しいことだね。

・動物に食べ物を投げ渡すのは失礼な気がするわ。

・これが世界初の象運営の有料料金所です😊
声の引用元:YouTube



おすすめ(外部サイト)