160
画像の引用元:YouTube

ジンバブエ、ワンゲ国立公園内にあるテントキャンプ場。

キャンプ内にあるプールでは、水を求めてやってくる象の群れを間近で観察する事が出来ます。

象は足裏の怪我を防ぐため岩を踏まない習性があるので、プールの外側には石が沢山置かれており、滅多なことでもない限り観光客は襲われる心配なく、思う存分、象の観察を楽しめるようになっています。

Surprise visit from wild elephants drink from pool


自然の中の人口のオアシス!







162

ジンバブエ、ワンゲ国立公園内にあるソマリサ・テント・キャンプ。

とてもシンプルな作りですが、室内はリゾートホテルのようなインテリアになっている、有名な観光施設です。

敷地内には象が水を飲むためのプールもあります。

163

そのプールがこちら( ´ω​` )

水を飲むためのプールなので、もちろん人間が泳ぐことは出来ません。

プールサイドにはゆったりと足を伸ばして座れるビーチチェアが置かれており、水を飲む象の群れを間近で観察する事が出来るようになっています。

164

園内を歩き回り、喉が乾いている象の群れがやって来ました。

きっと慣れているのでしょう。人間を怖がる様子もなく、次々と水を美味しそうに飲む象達。

165

これだけの数の象が目の前で水を飲んでいると圧倒されてしまいそうです。

166

椅子目線だとこんな感じです。

VRでYoutubeが見れるなら、この動画を見てみると迫力が伝わるかもしれません。

167

象さん達がたっぷり水を飲んだのでプールの水かさが減っていますね。

これだけ乾燥していると水場を探すのはきっと手間が掛かるので、枯れる事のないこのプールは、象にとってみてはとてもありがたい事でしょう。

象牙目的で密猟され、減少の一途を辿っている象たち。昨今ではベトナムで象の毛が幸運をもたらすとの事で狩られ続け、さらに生息数が減っているそうです。

そんな中で、出来るだけ生態系に影響を与えず、象を保護できるこういう観光施設は貴重なのではないでしょうか。


海外の反応


・これはプールじゃなくて象のための水槽ね。観察と写真撮影が出来る観光名所よ。

 ↑そう、スイミングプールじゃないのよね。


・観光客の態度は素晴らしいね。静かで、穏やかで、突然動き出す事もなく、動物に近付こうともしなかった。

・すべての密猟者は心を持っていない😡 

・密猟者から動物を助けるために、もっとアフリカに公園を作るべきだよ。

・3:43 大きな象は皆に挨拶するためにお辞儀をしたように見えました😚😚😍

・そこに座るのにいくらかかるのだろう?

・彼らは頭がいいから、どこで水を飲めば良いのか覚えているのね。

・象が訪問する前と後の水位に注目!

・ギブ・アンド・テイクだね!

・私はこれがどれほど好きか表現できないわ!😍😍😍

・象がこうやって飲むという事を初めて知りました。

・彼らはこのプールによく飲みにくるのでしょうか?

・なぜこんな美しい動物たちを傷つけたいと思う人達が居るのか、僕には分からない。とても悲しいよ。
声の引用元:YouTube



おすすめ(外部サイト)