95
画像の引用元:YouTube

動物園なら他の動物に襲われる危険はないといえど、その他の危険がまったくないとは言えません。

子供が心配なママアムールヒョウは、高い所に登っていく子供たちに翻弄されてしまいます。

Amur Leopard Mum Doesn't Want Cub To Climb 


高い所大好きだからしょうがないよね。







96

自分と同じ程の太さの枝をエッサホイサと登っていくアムールヒョウの赤ちゃん。

ママは登っている子を心配そうに眺めた後、登ろうとしている子供に目を移し

「こらこら登っちゃ駄目よ」

と、モフモフの手でぐいっと引き寄せて登るのを阻止します。

97

自由気ままにどこへでも行くのを止めないといけないママは大忙し。

98

既に登っている子を見上げてお母さんは動き出します。

99

「はよ降りてらっしゃーい!」

引っ張って降ろす事に成功しましたが…

100

赤ちゃん達は諦めません。

今度は二匹揃って登ってしまいます。

101

「こっちへいらっしゃい!」

と、一生懸命手を伸ばすママですが、微妙な距離にいるため届きません…。

結局赤ちゃんたちはママの心配を他所に、好きなように遊びまわるのでした( ´ω​` )


海外の反応


・お母さんは心配だろうけど、子供たちも学ばないといけないから。

 ↑お母さんは子供たちが降りる方法を知らないと思ってるのかもしれないね。


・あの場所だと彼らを見続ける事は出来ないもんなぁ。

・休めない可哀想なママ…。休めるように毎日1、2時間だけ木を撤去してあげたらいいんじゃないかしら?

・猛禽類に子供たちを攫われる心配をしているんだろう。

・ヒョウの個体数が増える事を願っているよ。

・どんな母親も子供が小さい時はストレスを感じるものよ。

・ママ「お父さんが帰ってくるまで待ちなさい!」

・ヒョウの亜種は絶滅の危機に瀕しており、野生では100頭以下しか残っていない。彼らの最大のリスクは、毛皮の取引、中国での臓器の密猟、そして最も重要なのは森林が激減している事です。

・逆に落ち方を教えているのでは?

・人間の母親よりも子供たちの事を気にかけてる。

・この母親は子供たちを内向的にしたいみたい。

・可愛い足が好き😍

・可愛すぎて最後まで見る事が出来ませんでした😭

・枝が細すぎてママは登る事が出来ないもんね。

・うむ、典型的なママだ。
声の引用元:YouTube



おすすめ(外部サイト)