810
画像の引用元:YouTube

赤ちゃんを連れて愛犬のボクサーと一緒に散歩をしていた男性。

道中にあるドッグパークでピットブルと出会いますが、パーク内にいたピットブルがボクサーが近づいていくと敵意を見せてしまいます。

Pit bull vs Boxer dog attack


網がなかったら…。







811

人通りの少ない公園を散歩中の男性。

わかりにくいですが、左側には赤ちゃんの乗ったベビーカーがあります。

どうやら愛犬を連れて赤ちゃんと一緒に公園を散歩中のようです。

812

公園内には犬を遊ばせるドックパークがあり、そこに一匹のピットブルの姿が見えます。

813

ボクサーが公園の網に沿って歩いていくと、突然ピットブルが突進して来ます。

814

闘犬としての血が騒いでしまったのか、はたまた遊びたいだけなのか、ボクサーに向かって興奮した様子で吠え、噛み付くような動作を見せるピットブル。

815

ボクサーもそれに反応して同じように吠え、噛みつきます。

816

ピットブルの飼主さんが抑えようとしますが、すり抜けて行ってしまいます。

817

網越しに戦い合う両犬。

818

結局ピットブルの飼主さんが首輪を押さえて喧嘩は収まりました。

これが本当の喧嘩なのか、わたしには判断が出来ませんが、網がなかったら人間も巻き込まれる大事になっていたのではないかと思うとゾッとしていまいます。

海外では訓練している犬はリードなしで散歩することが一般的ですが、やはりこういう自体も踏まえて、公共の場ではリードを付けてある方が安全なのでは?と思ってしまいました。


海外の反応


1:05 ボクサーはピットブルにおしっこを掛けることにした😂

・ボクサーは強い。

 ↑必ずしも強いわけじゃないよ。


・大型犬を公共の場でリードも付けないで歩くのは賢明な事ではない。

 ↑明らかに訓練されてはいるけどもね。

 ↑ボクサーは従順だから、よく躾されていれば問題にはならないよ。わたしの子も紐を付けずに散歩しているけど、わたしの側を離れないように歩いてくれるしね。

 ↑訓練されているかされてないかで判断するのは悪い考えだと思う。


・ボクサーはピットブルが好きじゃないのかな?😣

・わたしのジャック・ラッセル・テリアなら両方を簡単に粉砕するよ😊

・両犬とも所有していますが、ピットブルは戦うのが好きで、ボクサーはもっと遊び心があります。両犬とも闘犬として繁殖された(されている)が、全てが戦闘用なわけではありません。この動画の人達は彼らがフェンス越しに戦うのを許してはいけないと思います。

・ボクサーは赤ちゃんを守っていただけ。

・フェンスが勝利した❗❗

・ピットブルは飼主のいうことを聞いてない…。

・ピットブルじゃなくてスタッフォードシャー・ブル・テリアじゃないかな?

・彼らはお互いに遊んでいただけで悪いことは何もしていないと思う。

・そのピットブルはとても攻撃的だな。何でドッグパークに連れていったんだろ。

・ピットブルはタフな犬だけど、より大きな犬には勝てないんじゃないかな。
声の引用元:YouTube



おすすめ(外部サイト)