193
画像の引用元:YouTube

2016年に話題になっていた動画を今更ですがご紹介したいと思います(^o^)丿

場所はオーストラリアのニューサウスウェールズ州。

男性が犬を救うために拳ひとつでカンガルーと対峙する様子が撮影されており、海外ではその行動に賛否両論が起こっていたようです。

それではご覧下さい。

Man Punches a Kangaroo in the Face to Rescue His Dog


カンガルーと戦うのは危険です。真似しないように!







194

友達と共に猟犬を連れてイノシシ狩りに来ていた男性。

車に乗って移動していると突然男性が叫んで車が止まります。

195

男性が慌てて走っていく方を見るとカンガルーと連れてきていた猟犬。

どうやら安全のために付けている防具をカンガルーが掴んでしまっているため犬が動けなくなっているようです。

196

男性が近づくと犬が暴れだしカンガルーが手をゆるめたため、その間に犬は逃げ出す事に成功しました。

197

両手が空いたカンガルーは男性に敵意を見せます。

198

「うちの犬に何すんじゃボケー!」と男性のパンチが炸裂し見事に顔にヒット。

199

カンガルーは仰け反り"何が起こったのか分からない"という感じで立ち尽くします。

200

その間に猟犬たちに逃げるよう指示する男性。

こんな状況なのに冷静なのは、普段から野生動物と対峙しているからでしょうか。

201

その後カンガルーが再び猟犬を追いそうな素振りを見せたため、男性が腰に掛けているナイフに手をかける場面も見られましたが、カンガルーが走り去ったため大事は起こらずに済みました。


カンガルーは手をあまり使わず足で攻撃しますが、その足の威力が凄まじく、大人のカンガルーに本気で蹴られると内臓が破裂してしまう恐れもあるのだとか…。

シャーブルック大学の生物学者でナショナルジオグラフィックの探検家でもあるマルコフェスタ・ビアンケット氏も、今回の動画について「男性は殺されていた可能性もある。今回はとても幸運だった」と述べています。

カンガルーがいる場所に赴いた際には、可愛いからと甘く見ずに接するようにしましょう。


海外の反応


・あのカンガルーは顔より自尊心が傷ついただろう…。

・カンガルーが多くいる地域に猟犬を連れていのがそもそもの間違い。カンガルーからしてみればそれはとても迷惑極まりない行為。我々は自然を尊重しなければならない。

・彼はナイフを持っていたから、カンガルーが手を放さなければまったく違った結果になっていたかもしれない。どちらにせよ興味深い動画だ😃

・蹴られなかったのは本当にラッキーだよ。

・この男性はボクシングか空手をやっているんじゃないか?

・カンガルーは犬のことを仲間だと思って抱きついてそう。

・わたしが見た中で最も酷い事だわ。

・彼はヒーローか、悪役か。

・オーストラリアなら日常茶飯事。

・47000匹のカンガルーがこの動画を嫌ってる。

・この動画を嫌っている人はいつも「カンガルーの権利がー」と言っている変人だろ。

・カンガルーは犬を可愛がっていただけだよ。

・誰かがオーストラリアについて説明を求めたらこの動画を見せるつもり。

 ↑丁度オーストラリアについて聞いたらこの動画を見せられたところだ。

 ↑ヘビを食べるタランチュラの動画も見せると良い。


・彼の行為に怒っている人たちが沢山いるけど、わたしが同じ状況に陥ったら撃つと思う。大体の人が同じじゃない?

・なんて酷い!彼がその全く無邪気な美しい生き物にしたことを見てよ!!

 ↑彼は腰に下げたナイフを使う代わりに警告のパンチをしただけ。


・ちくしょう!いつもこういう事は地球の裏側で起こってる!!
声の引用元:YouTube



おすすめ(外部サイト)