アルビノのフクロウ
画像の引用元:Facebook


生き物の中には、『アルビノ』という遺伝子の色素情報(メラニン)を持たずに生まれてきた個体が存在します。特定の生き物だけではなく、様々な生き物で存在します。

アルビノ

アルビノ(albino)は、動物学においては、メラニンの生合成に関わる遺伝情報の欠損により先天的にメラニンが欠乏する遺伝子疾患がある個体である。

この遺伝子疾患に起因する症状は先天性白皮症(せんてんせいはくひしょう)、先天性色素欠乏症、白子症などの呼称がある。また、この症状を伴う個体のことを白化個体、白子(しらこ・しろこ) などとも呼ぶ。さらに、アルビノの個体を生じることは白化(はくか・はっか)、あるいは白化現象という。

そんなアルビノの中から、神秘的で美しいもふもふなフクロウを紹介します。

アルビノのフクロウ






まるで神話の世界から飛び出したのか?と錯覚を起こすほど美しいアルビノのフクロウ。

真っ赤な目は、まるで引き込まれるように美しいですね。

そして、この美しい色だからこそより強調されたもふもふ!

アルビノは、しばしば差別の対象となります。

しかし、とても素晴らしく美しい個性だと感じますね。




海外の反応



・この子が欲しい

・神の息吹

・ザクロみたいに美しい目

・なんて可愛いんでしょう

・この子を誘拐する計画をしなければ!

・完璧な可愛さ

・とても美しい…

・神は何を思ってこんな可愛い生き物を生み出したのか

・口ひげがまた可愛い!

・ファービーのお母さんと言われても納得できる(笑)
声の引用元:Facebook



おすすめ(外部サイト)