これが最先端技術!日本のレジロボに対する海外の反応
画像引用元:YouTube

10年ほど前から無人レジと呼ばれる、店員無しで取引が行われるお店が出現しました。少しずつ全世界で増加の傾向にあります。しかし、日本でさらにその先を行く『レジロボ』と呼ばれるレジが出現しました。レジロボとはいったい何なのか?無人レジとの違いは?そしてそれに対する海外の反応…を紹介します!

レジロボとは?




10年ほど前から無人レジというものが誕生して広まりました。

『人件費削減』『店舗の客回転の効率を上げるため』といった目的で広まっています。

イタリア・フランスでも大型のスーパーで取り入れられるなどしており、日本でも少しずつ取り入れられる店舗が増えています。

今回話題になっているレジロボは、そんな無人レジよりさらに進んだ技術が使われています。

レジロボは、専用のバーコードがついた買い物かごに商品を入れることで、店員さん無しで自動でお買い物が出来るシステムです。


無人レジは商品を自分で袋につめますが、なんとそれさえも自動で行ってくれます!

まだ1店舗で試験的に運用されているだけですが、その最先端のレジは大きな反響を生んでいます。

ぜひ一度、試してみたいですね・・・!



・まさに最先端の技術!

・実験で導入されただけで全部の店舗で導入されるわけじゃないんだね

・すごいと思うけど、色んな問題も出てきそうだなあ

・自動レジは西洋では一般的だけどね

・英国のスーパーで自動レジはあるけど…正直あんまり人気が無い

・セルフレジは犯罪が少ない国でしか成り立たないだろう

・アメリカでも自動レジは導入されているけど、顧客は求めてないから微妙な反応…

 ↑何十年も店員と対面して買い物していたのに急に変わったシステムが実装されても、なれたほうを選ぶよねって話

 ↑もっと自動レジが浸透して当たり前になったら自動レジのほうが安心する人たちが増えると思うよ

 ↑人と話す機会が減ったのだから店員とぐらいちょっとしたコミュニケーションとりたいってのはある

 ↑あまり会話を好まない日本人には合っているシステムなのかもしれないね
声の引用元:reddit