大阪万博に対する海外の反応

2025年に国際博覧会(万博)が大阪市で開かれることが決まり、大阪万博の開催が決定しました。どのような経緯で決定したのか、また大阪万博開催決定に対する海外の反応を紹介します。


ニュース概要


23日、2025年の国際博覧会(万博)が大阪市で開催されることが決まりました。博覧会国際事務局(BIE)の総会がパリで開かれ、170ヶ国もの代表による投票で決定しました。


日本国内での国際博覧会(万博)2005年の愛媛博覧会以来で、大阪は1970年以来の55年ぶりの開催となりました。


海外で製作された1970年・大阪万博のPR映像

日本万国博覧会(大阪万博) EXPO'70 OSAKA JAPAN



最終候補には日本(大阪)、ロシア(エカテリンブルク)とアゼルバイジャン(バクー)が残っており、最初の投票で2/3以上の投票数に満たなければ上位2国による再投票が行われる…という形式でした。

それにより、初回の投票で大阪は85票を獲得して48票のロシアと23票のアゼルバイジャンを上回っていましたが、2/3の投票数に満たなかったため再投票となりました。

そして今回、ロシアとの最終投票で92票(ロシア61票)となり、大阪万博の開催が決定しました。

大阪万博は大阪市湾岸部の人工島「夢洲(ゆめしま)」で、25年5月3日~11月3日に開催予定です。

来場者数は2800万人を見込んでおり、経済効果は2兆円にも登るとのことです。

テーマは「いのち輝く未来社会のデザイン」。

問題点と反対派の声



大阪万博反対 問題点

とても輝かしい大阪万博ですが、その会場の建設費用は1600億円に登るとのこと。

大阪府の税金が上がるのでは?無駄遣いだ…などの点から多くの反対派の声も上がっています。

さらに、大阪万博と重ねてカジノ誘致なども進められており、利権絡みの問題なども懸念されています。

さらにそれに伴い治安悪化するのでは?という心配の声もみられます。

政府はこれらの懸念に対し様々な対策や説明で理解を求めていますが、更なる説明と対策、住民の理解が求められます。


海外の反応


・おめでとう!すごく楽しみにしている

・会場の完成図も見たけど、見たけどどんなステージになるのか楽しみ!

・カジノを誘致するための利権の匂いもするね

・自分は1970年の大阪万博に行ったよ!すごく懐かしいなあ

・前の大阪Expoでは日本は高度経済成長の中にあったからね。今は不況だからどうなるのかな。

・日本人のツイートを見ると、誰しもが興奮して喜んでいる訳ではないから政府はそれを理解するべきだね

・日本では貧困や自然災害に苦しんでいる人も多くいるんだから、そっちに予算を回すべきじゃないの?

 ↑それは一大事だよね。この万博で生み出された利益が貧困層にも行き渡ることを祈っている

・出来れば自分の国ロシアで開かれて欲しかったけど、確かに大阪万博は素晴らしそうで負けても仕方が無い

・決定の瞬間の映像が何回見ても微笑ましい

・日本すごい!クールジャパンを期待している

・オリンピックもそうだけど、治安がいい日本がどれだけ素晴らしい治安を維持出来るのかが懸念

Voice source:twitter



おすすめ(外部サイト)